株式会社おりこん・ダイレクトデジタル
3月末に第三者割当増資を実施
●音楽データベース事業を核に業務提携企業との連携を強化●

2000年3月27日

各種音楽情報(チャート、楽曲、アーティスト等)やエンターテインメント情報に関するデータベース、ネットビジネス関連事業を手がける株式会社おりこん・ダイレクトデジタル(東京都港区:代表取締役社長 小池 恒)では、このほど業務提携企業7社を中心に、3億7千5百万円の第三者割当増資を決定、3月末迄に実施いたします。
今回出資を行う主要企業はNTT ME情報流通(NTT-X)、角川書店、ソフトバンク・ファイナンス、電通、東芝、徳間書店、ヤフーの7社(順不同、五十音順)で、株数は各社一律100株(払込1株500,000円)の出資を行います。また、音楽関連企業(レコードメーカー、販売、放送関連事業者20社程度予定)は、総計で50株の出資となります。
株式会社おりこん・ダイレクトデジタルでは、ECサイトへのデータベース貸与ビジネス、携帯端末への各種エンターテインメント情報のサービスを行っており、この増資により、これらの事業のさらなる拡充を、また、提携企業との連携を強化し、新規事業の展開を図ってまいります。

【第三者割当増資概要】
●増資総株数750株(払込1株500,000円)
■主要提携企業(7社 各100株)
(株)エヌ・ティ・ティ・エムイー情報流通(NTT-X)
(株)角川書店
ソフトバンク・ファイナンス(株)
(株)電通(電通ドットコム第一号投資事業有限責任組合)
(株)東芝
(株)徳間書店
ヤフー(株)
(五十音順)
■音楽関連企業 (総計 50株予定)
主要レコードメーカー、販売、放送関連事業者(20社程度予定)
●最終払込3月29日